お見合いパーティーのプロフィールカードの書き方

お見合いパーティーのプロフィールカード

プロフィールカードは会話のきっかけになるものなので、
お見合いパーティーでは非常に重要です。
最初の自己紹介タイムではこのプロフィールカードをもとに
会話をしていくことになります。

キレイな字で丁寧に書くのは当然ですが、
字が小さすぎて読みにくい人がたまにいるので注意が必要です。
とくに男性で字が小さいと印象はよくありません。

ポイントを絞ってプロフィールを書く

空欄だらけのスカスカのプロフィールでは相手も会話の糸口がつかめないし、
やる気のない人と見られてしまう可能性も。

かといって詰め込み過ぎるのもよくありません。
文字でびっしり埋め尽くされたプロフィールカードって読みにくいから、
ある程度ポイントは絞った方がいいです。

最初の自己紹介タイムでは3分ずつしか話す時間がないので、
仕事のことから子供の頃の思い出まで全部話すというわけにはいきません。

例えば職業が看護師なら
そのことばかり話すことになったりするので、
会話に絡んでこないことまでプロフィールにびっしり書いても、
焦点がぼやけるだけであまり意味はありません。

プロフィールに嘘を書かない

背伸びして実物以上に自分を良く見せようとしても、
信用を失うだけでいい結果は得られないでしょう。

付き合うことになれば嘘はバレます。
嘘がバレれば「きっとこの人は他にも嘘ををついているはず」と、
相手は考えます。

せっかく上手くいきかけていたものも上手くいかなくなるので、
嘘は初めからつかないこと。

見栄を張ったり嘘を書くのではなく、
本当のことを面白く表現するように心がけた方がいいでしょう。

「毎日先輩に怒られている看護師です」
「漁師をしてますが実は泳げません」
「スマホを買ったけど使いこなせないので捨てました」

などなど、
本当の自分を楽しく表現するような演出を。

相手も食い付いてきてくれて会話も盛り上がります。

プロフィールに書く項目

【名前】
なるべく本名フルネームでという業者もあれば、ニックネームでOKという業者もあります。
女性なら下の名前だけひらがななどが無難でしょうか。
苗字だけとか下の名前だけという人もよく見ます。

【年齢】
パーティーによっては女性だけ年齢を書く欄がない場合もあります。
書かないといけない場合は正直に。
空欄だと「見た目以上に歳がいってるんだろうな」と男性は思うようです。

【職業】
会話の糸口になるものなので具体的に。
「製造業」と書くよりは「スーパーの袋を作る工場に勤務」など。

【学歴】
男性のみ書く欄がある。「大学卒業」などでOK。
有名大学卒の人は大学名まで書いてることがある。

【年収】
これも男性のみ。
みんな多少盛って書いてるけど、やりすぎは信用を失う。

【住所】
「東京都世田谷区」ぐらいまで書けばいい。

【趣味】
職業と並んで会話のとっかかりになる項目なので具体的に。
ただ「マンガ」と書くよりも「ワンピース全巻持ってます」とか。

【好きな映画・音楽】
趣味とは別に好きな映画などを記入する欄があったりします。
空欄はよくないので何か書いておくべき。
会話にはつながらなくても自分の人柄を判断してもらう材料にはなります。

【身長】
たいていどのパーティーでも身長を書く欄があります。
男性はここで嘘をつきがち。でもバレて印象を悪くするだけです。

【好きなタイプ】
似たような質問に「デートで行きたい場所」などもあります。
いずれにしろ欲張りすぎないように。
他はスカスカなのに、こういった部分だけびっしり書かれてあるとかなり印象が悪い。

▲このページのTOPへ