前半のトークタイムでは自分をしっかりアピールすることが大事

お見合いパーティーは前半の自己紹介タイムと
後半のフリータイムに分かれています。

勝負は後半だろうと思いがちですが、
経験上、前半が上手くいかなかった場合は結果もほとんど良くないです。
反対に前半で上手く話せたときは、ほぼカップルになれています。

前半を制するものがお見合いパーティーを制する。
そういっても過言ではないでしょう。

前半のトークタイム

自己紹介タイムでやるべきことは自分をしっかりと印象づけること。

お見合いパーティーでは短い時間でたくさんの人と会話をすることになるので、
誰が誰だか憶えていないという状態になります。

印象に残るのはせいぜい2~3人。

前半を終わった時点でそこに入ってないといけません。
後半挽回しようと思っても第一印象というのはやはり大きくて、
前半でいい印象を持てなかった人に対して後半で評価が一変することは
まずなかったです。

また、女性の場合は後半のフリータイムで相手を自由に選べないことが多いので、
前半で失敗すると希望の人とカップルになるのはもうほとんど不可能です。

大切なのは会話の内容よりキャラクター

相手にいい印象を持つ場合というのは、話す内容とかより、
その人の雰囲気やキャラクターに引かれることがほとんどです。

何を話題にするかよりも
自分をどう演出するかの方がずっと大事なのです。

例えば知的な人ならそれを感じさせるような落ち着いた話し方をするとか、
性格の明るい人なら元気よく話すとか。

全然会話が弾まなかったとしても、
たった一言でいい印象を与えることだってあります。
残業続きであまり寝てないという人がいたのですが、
「大変ですね」と言ったら「いや、これぐらい全然平気ですよ」みたいに笑顔で答えてくれて、
すごく頼りがいみたいなのを感じたことがあります。

自己紹介タイムは自分のキャラクターをアピールするタイムでいいと思います。

私自身の話をすると、
地味で童顔でおとなしい娘と見られがちなので、
それならばと清純キャラを演出するように努めています。
言うタイミングがあれば恋愛経験の少なさなどは必ずアピールしています。

たった3分しかないので、
清純で気配りができてしかもセクシーで・・・
などと欲張るのは得策ではありません。

清純系なら清純系とそれ一本に絞ると上手くいくようです。
自分の多面的な魅力をアピールするのは、
実際に付き合い始めてからでも遅くはありません。

褒める・笑わせる・共感する

これまでのパーティーを振り返ってみて、
相手にいい印象を持ったときの共通項としてあるのが、
褒める・笑わせる・共感する。

褒めるというのは常套手段ですが、
単純に相手に好印象を持ってしまいます。

また、失敗談でもなんでもいいので一回でも笑わせてくれると、
相手が楽しい人に思えます。

共感もかなり重要。
「タッチタイピングが出来ない」とか話して、
「そうだよね、どこに何のキーがあるかなんて覚えられないよね」
みたいに言ってくれると嬉しくなります。
「出来ないの?あんなの簡単じゃん」みたいに言われると、
いい印象は持てません。

自分のキャラを演出しつつ、
褒める・笑わせる・共感するをうまく絡めて会話すると
好印象を与えられるのではないでしょうか。

私も自分のモテないキャラに絡めて、
「親から掛かってきた電話に、12月24日?無理だよ予定があるから」
などと見栄を張ってしまった話などをして
笑いを取ろうとしたりしてます。

私が考えた小悪魔テクニック

なんだかんだで一番効くのは「気のある素振り」だと思います。

「あっ、この人もしかして私に気があるのでは」とか感じたりすると、
途端にその人のことが気になり始めますよね(笑

お見合いパーティーでたまにですが、
本当に素敵だなという人に出会います。
そんなときは小悪魔テクニックの出番です。

まず前の人との会話が終わったときから準備を始めます。
口をしっかり閉じておくのです。
まだこのときは相手と目を合わせません。

席替えでお目当ての人が席をひとつずれて自分の前に立ったときに、
顔を上げてその人を見つめます。

目が合ったら、すかさず口を半開きにします。
運命の人に出会ってポーっとなってる感じで(笑

ここでたいていの男性は「え?」みたいな感じになります。
それを確認したら目をそらします。

ポイントは初めは口を閉じていること。
最初から口が開いていたらただの口元がゆるい娘です。
閉じていた口を半開きにすることで「この娘オレに気があるのでは」と
悟ってもらえるようです。

相手が席についても少しのあいだうつむいています。
相手がプロフィールカードを差し出してきても、
一瞬だけ待ちます。
また「え?」となるので、
すかさず顔を上げて目が合ったらまた口を半開きです。

これだけです(笑

自分なりに考えた工夫ですが、上手く出来ないときの方が多いので、
結果にはなかなかつながっていませんが・・・

▲このページのTOPへ